クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋
MENU
クーリングオフについて クーリングオフについて
  ・クーリングオフ以外の解決方法
クーリングオフ期間一覧表 クーリングオフ期間一覧表
内容証明について 内容証明について
悪質商法の被害例とその対処法 悪質商法の被害例とその対処法
支払停止の抗弁権について 支払停止の抗弁権について
少額訴訟について 少額訴訟について
支払督促について 支払督促について
司法書士・行政書士について 司法書士・行政書士について
専門家のススメ 専門家のススメ
よくある質問 よくある質問
相談機関一覧表 相談機関一覧表
リンク リンク集
ご相談・ご質問 ご相談・ご質問
ご相談・ご質問 オンライン見積り
正式ご依頼について 正式ご依頼について
事務所紹介
クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋HOME ご相談・ご質問
クーリングオフについて/クーリングオフ以外の解決方法
クーリングオフ期間を徒過したり特定商取引法の指定商品・指定役務・指定権利でないなどの理由でクーリングオフ制度を利用できない場合はどうしたらよいのでしょうか?
以下の方法で解決できるかもしれません。

・消費者契約法による取消し

・詐欺・脅迫による取消し
・錯誤・公序良俗違反による無効
・債務不履行による解除
・不法行為による損害賠償請求

悪質商法の場合、業者は消費者に対して嘘の説明をしたり重要事項について消費者の不利益となる事実を故意に告げなかったり、将来の不確実な事項につき断定的な判断の提供を行っているなどのケースが多いので消費者契約法に基づいて契約を取消すことができるかもしれません。
また、民法上の詐欺・脅迫による契約の取消しや錯誤・公序良俗違反による契約の無効の主張もできるかもしれません。
さらに債務不履行による契約の解除、もしくは不法行為に基づく損害賠償請求などが主張も可能な場合もあるでしょう。
ですからクーリングオフ期間が過ぎてしまったからといってすぐに諦めずにぜひ一度、専門家に相談しましょう。