クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋
MENU
クーリングオフについて クーリングオフについて
クーリングオフ期間一覧表 クーリングオフ期間一覧表
内容証明について 内容証明について
悪質商法の被害例とその対処法 悪質商法の被害例とその対処法
支払停止の抗弁権について 支払停止の抗弁権について
少額訴訟について 少額訴訟について
支払督促について 支払督促について
司法書士・行政書士について 司法書士・行政書士について
専門家のススメ 専門家のススメ
よくある質問 よくある質問
相談機関一覧表 相談機関一覧表
リンク リンク集
ご相談・ご質問 ご相談・ご質問
ご相談・ご質問 オンライン見積り
正式ご依頼について 正式ご依頼について
事務所紹介
クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋HOME ご相談・ご質問
支払督促について
支払督促とは
支払督促とは、正式な裁判手続きを経ることなく、低廉・簡便・迅速に債権回収することを目的とした法的手段です。手続きは、裁判所へ申立書を提出して、書面審査を受けるだけです。
手続き上問題がなければ、裁判所書記官から相手方へ支払督促状が送られ、内容証明よりも大きな心理的プレッシャーを与えることができます。
そのため、裁判所から相手方へ支払督促状が送達されただけで、すんなりと支払いがされるケースも少なくありません。少額の債権を回収するにはうってつけの法的手段といえます。

支払督促のメリット・デメリット

支払督促手続きの流れ
支払督促の申立て 相手方の住所地の簡易裁判所に申立てる
裁判所から債務者へ支払督促の送達 2週間以内に債務者から異議の申立てがあれば通常訴訟へ移行
異議申立てなし
仮執行宣言申立書の提出 30日以内に提出します
仮執行宣言付支払督促の送達 2週間以内に異議申立てがあれば通常訴訟へ移行
異議申立てなし
強制執行手続 申立人は強制執行(差押え等)の手続きに入ることができます