クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋
MENU
クーリングオフについて クーリングオフについて
クーリングオフ期間一覧表 クーリングオフ期間一覧表
内容証明について 内容証明について
悪質商法の被害例とその対処法 悪質商法の被害例とその対処法
支払停止の抗弁権について 支払停止の抗弁権について
少額訴訟について 少額訴訟について
支払督促について 支払督促について
司法書士・行政書士について 司法書士・行政書士について
専門家のススメ 専門家のススメ
よくある質問 よくある質問
相談機関一覧表 相談機関一覧表
リンク リンク集
ご相談・ご質問 ご相談・ご質問
ご相談・ご質問 オンライン見積り
正式ご依頼について 正式ご依頼について
事務所紹介
クーリングオフ代行の悪質商法相談部屋HOME ご相談・ご質問
司法書士・行政書士について
司法書士・行政書士の業務内容
司法書士の業務内容
 
司法書士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行います
 
登記または供託に関する手続きについて代理すること
法務局に提出する書類を作成すること
裁判所または検察庁に提出する書類を作成すること
 
上記1〜3の事務について相談に応じること
簡易裁判所における次に掲げる手続について代理すること(ただし、上訴の提起、再審及び強制執行に関する事項については代理できません)
 
民事訴訟手続(ただし、訴訟額が140万円以下のもの)
訴え提起前の和解(即決和解)または支払督促の手続(ただし、訴訟額が140万円以下のもの)
証拠保全の手続または民事保全の手続(ただし、訴訟額が140万円以下のもの)
民事調停の手続(ただし、訴訟額が140万円以下のもの)
民事に関する紛争(簡易裁判所の対象となるものに限る)であって紛争の目的の価額が140万円を超えないものについて相談に応じ、または裁判外の和解について代理すること

行政書士の業務範囲
 
行政書士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行います
 
役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理
権利義務、事実証明に関する書類の作成代理
1及び2の書類の作成について相談に応じること

 

 



司法書士・行政書士の業務具体例
司法書士の業務
  登記申請手続  例)所有権移転、抵当権設定、法人設立
  裁判所提出書類作成  例)自己破産申請書類作成、訴状作成
  簡易裁判所における訴訟代理等  例)民事訴訟(少額訴訟)、即決和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停※ただし、訴訟額が140万円を超えないものに限る
  裁判外での和解の代理または相談 
例)内容証明による催告、示談交渉、紛争性のある事件についての法律相談※ただし、訴訟額が140万円を超えないものに限る

行政書士の業務
  各種許認可申請 例)建設業許可、宅建業許可、廃棄物処理許可
  各種書類の作成 例)示談書、契約書、内容証明、遺言書、遺産分割協議